12月2日の日記

 

            母を退院させて、家で介護したいどうしたらよいか!

 

     入院している、母親(90歳)は病院で認知症があるため抑制され、

    食欲が低下しているため、退院させて家で介護をしていきたい。

    どうしたらよいか、相談を受けた。

 

    コロナ禍なため、面会もできず、家族は心配している。コロナ禍は入院すると

   家族の絆をバラバラにしている現状があるため、家族は母親の心境を考えると

   不安な毎日を過ごしているのではないかと思った。

 

     病院、施設の看護師は、不安な思いをしている家族の心境を考え、丁寧に

   病院での様子、施設での様子を報告したり、今後どのようにしていくことが  

   患者様にとって良いことか、一緒になって考えていける方向性が良いのでは

   ないかと思う。

     私も訪問看護師として、訪問の様子を、家族が不在の時は家族が分かる

    ようにノートや、電話にて報告していくことが大切ではないかと思う。

    私も家族の心境を考えると、急変時、心配なことは、家族、ケアマネ、

    医師に報告、相談、情報提供していきます。

 

    今回の相談は、優しい、丁寧に対応してくれる地元のケアマネを紹介した。

    今回相談してきた家族が、母親の介護が始まり、自宅へ退院できる日が

    12月中にできるように、訪問看護師としてしっかり、サポートしていきたい。

 

     みなさん、患者様は退院すると、どうなると思いますか?

     患者様はいいお顔になります。

     家族と会え、元気になるのです。

     住み慣れた我が家の力は凄いです。

     家は家族の過去の歴史がきざまれている。いいことも、苦しい時も。

     家で子供を育てた思い出がある。

     夫婦で過ごした思い出がある。

     家は人生の基盤、誰もが、自分の家が一番落ち着きます。

     家で好きなお茶、好きな食べ物を、好きな人、家族と食べることができる

     ペットも家族の一員です。猫、犬、インコ、亀、メダカ、など。

     家に帰りたいと、思っている患者様は少しでも、家に帰らせ、

     家で家族と共に過ごしてもらいたいと、いつも考えています。

     いつでも 相談してください。

     少しでもサポートさせていただきたいと思います。

 

                               関根京子

   11月30日の日記

    今日も訪問看護師として、利用者様のために仕事ができたか振り返る!

 

   朝、これは必ずしなければと考えながらスタートする。

  今日は、往診の依頼である。往診を受けてくれるか。

  その医師は、近所では患者さんに人気で、いつも外来が混んでいる外科医。

  依頼したい家族は医療に対する不信感をもっているようである。

  事務長に往診医の依頼の方法を相談した。

  最初は、家族の強い思いをビデオレターにして、録画して、私だけ相談に行こう

  と考えたが、先生との約束が午後の4時になり、家族と一緒に往診の依頼に伺う

  ことにした。

    約束の4時に高齢の奥さんと私で、近所の先生のところに伺った。

  先生は他の患者の点滴をしていたようである。先生は右肩が痛そうで、首に手を

  当て、肩も首も凝っているようだった。大分お疲れのようで。往診を検討してい

  るようだ。奥さんの先生に対する、熱い心のこもった会話が続いた。

    最終的に、先生は「じゃあ、往診いくよ。」と、やっと答えた。

 

   高齢の奥さんは「今日はやっとよく眠れる。良かった。」と、嬉しそう。

   私は思わず、先生に頭を下げた。心の中では「先生には迷惑をかけないように

   訪問看護をしっかりしていきます。」と心の中で誓った。

 

   訪問看護は人と人を結ぶ、大切な仕事である。

   今日も少し、家族と利用者様の意向が叶ったので、良かった。

 

  高齢の奥さんから教えていただいた白菜漬けに挑戦した、写真です。

        f:id:shirayuri_kango:20211130235231j:plain

                       関根京子

      

  

   11月29日の日記

          苦しい時こそ成長するチャンスの時!

 

   私も50代になって、いろいろなことを乗り越えてきました。

  子供3人の受験、親子で必死に頑張っても、不合格は何回も、

  今考えると、不合格で良かったのではないかと思えることが沢山あります。

  思い通りにいかないことが沢山ありますが、負けずに、前を向いて、

  必死に考えていくと、少しずつ、良い方向性に必ずいきます。

  必ず、良い方向に向かわせるという、強い一念が大切ではないかと思います。

 

   辛い時は

  1・辛い気持ちを受け止める

  2・誰かに話し、気持ちの整理をする。話しているうちに自分では気づかない

   ことを、相手から教えてもらえる時がある。

  3・ノートに気持ちを書き出す。

  4・本を読み、調べる。

  5・ピンチはチャンスと捉える。

  6・悩みには必ず意味がある

  7・悩みを乗り越えた時の自分をイメージする。

  8・自分には乗り越えられる力を持っていると信じる。

  9・辛い時こそ、他人の世話をする(激励する)と、自分のつらい悩みがいつの

    まにか乗り越えているときがある。

  10・よく寝て、好きなことをして、楽観主義で明るく、強気で、日々を過ごす。

 

        私がいつも考えていることを上記に記載しました。

     もし、参考になれば。

 

   私も会社を設立して、8か月間が過ぎました。会社の課題は山住です。

   でも、一つ一つ、ゆっくり、じっくり考え、スタッフの幸せ。

   地域の住民にために大きく貢献するための会社。

   そのために、小さい課題から解決方法を考え、取り組み、結果を出し、

   何回も振り返り、学ぶ。

      謙虚さをもち、問題解決能力のある看護リーダーを

                         育成していきたい。

    現在、渋川看護学校の在宅看護論の講義をしていますが、

     あと、3回の授業、しっかり、若い看護師のリーダーに

        現在の在宅看護の実際を伝達していきたい。

 

                        関根京子

     

   

  

 

 

 

 

   11月23日の日記

          目標をもって生きる意味は?

    今日も色々なことがありました。

    松井田に訪問し、紅葉が綺麗で空気が新鮮で清々しかった。

    午後は、5件訪問。

 

    最後の訪問した利用者様から

     「人生は、目標を持ち、現状の把握をして課題を明確にする

     目標を達成するにはどう取り組むか、そのためには何が必要か

     どう対応をするか、

     地味であるが毎日着実に行動していくこと。」と話した。

     

     上記の話を伺って、目標をもって生きる意味を考えた。

    1・目標がないと陥る負のスパイラルになるかもしれない。

    2・目標を持っていることと、持っていないことの差は大きいものがある。

    3・目標を持つことで、モチベーションが維持しやすくなる。

    4・目標を持ち、取り組んだ後、達成感がある。

    5・目標がないと、考える能力が低下する。考えないと指示待ち人間になる。

      指示待ち人間は、しっかりした信念がないので、世間に振り回させる。

      自分自身を見つめることができないと、ミスをしても失敗した原因を見つ

      めないため、何回も同じミスを繰り返す、自分自身を振り返らない。

    6・目標を持って、なりたい自分を見つめよう。

 

     結論

     目標を持つことは、自分自身を真剣に見つめることになる。

     なりたい自分に少しづつなるために必要!

     負の連鎖に陥らないために。

     

     私は会社設立日、来年の1月26日まで、

     しっかり足元を固め、目標を決め、現場の状況把握、地域の問題を  

     自分なりに考え、対策を考え、行動しながらどう対応するか考えていき

     たいと思う。楽しみながら!

  

     この写真は、人生の目標がなぜ必要か、教えてくださった利用者様の

     お宅の玄関です。夕日がさしています!

     

      f:id:shirayuri_kango:20211123210948j:plain

                           関根京子

     

     

    11月19日の日記

     

      プレスリーリース発表会無事終了、そのあと思わむことが?

 

     昨日のプレスリーリース発表会の前の夕方、信号待ちで、停止していたら、

    後ろから追突された。反対車線を見たら、警察の車が偶然走行中だったため、

    私が車から手を大きく振って合図をしたら、すぐ現場確認となった。 

      私の体は、緊張していたのか、大丈夫だった。現場検証してから、息子が

    迎えに来て、息子の車に同乗し、その後、訪問2件してしまった。

    じぶんがどんな状態でも、訪問先の利用者様が気になった。

    車はレッカー車で運ばれた。

 

      昨日の発表後、訪問2件実施してから、やっと整形外科受診した。

    その結果。医師から「頸椎、胸椎の古い骨折があります。以前、なにか

    ありましたか?」と。

      私は、12年前に訪問中、交通事故を起こしたことがあります。その時に

     頸椎、胸椎を骨折していたことが分かったのです。今は、症状は何も

     ありませんが、予防策として、

       今後、交通事故にあわないようにすること。

       骨を強化すること、散歩をすること。

      今後、日課に散歩を積極的に取り入れ、足と骨を強化し、頑張って仕事を

      していけるようにしていきます。

 

     プレスリーリースは、発表後、初めは誰も、取材に来てくれませんが、

     3社の新聞記者から声をかけていただき、少し手ごたえを感じた。

     発表できたのも、スタッフ全員で、取り組んだ結果です。

     有難うございました。

     これからも宜しくお願いいたします。

f:id:shirayuri_kango:20211120092725j:plain

f:id:shirayuri_kango:20211120092809j:plain

                                関根京子

 

   11月16日の日記

                    19日のプレスリーリス発表会に家族で参加!

 

    19日に高崎市商工会議所主催のプレスリリース発表会、6社のうち、

    3番目に、私の会社が参加する。

      社長の私、事務長の主人、理学療法士の次男。三人で。

    親子で報道陣と銀行の方々の前で、プレゼンし取材を受ける機会が

    ある。少し、緊張する。

     昨日、最近知り合うことができた社長さんが、私の家で、プレゼンの

    パワーポイントを作成に協力してくださった。

     次男と事務の方は、模造紙に当日使用する資料を作成。

     夕方、私は主人に発表原稿と話すスピードを相談した。

     いつも私は、周りの人に助けてもらうことが多い。

     19日は、訪問看護サービスを少しでも知ってもらい、地域住民の方々が

     幸福になればと考えている。

  

     19日の発表の結果は、ブログで報告いたします。

     さて、みなさんどうなるか?

 

     今日、松井田方面で車を運転していたら、

     車の前に可愛い、野生のサル3ぴきに会い、不思議な思いをした。

     写真を撮ろうと思ったら、姿が見えなくなった。

     週に1回、訪問しているので、また、サルたちに会えるかな。

 

     サルに会ってから訪問すると。

     訪問先の、ご主人様を介護しているお母さんが、私に

     「ベッドに、お父さんがいるだけでいい!それだでいいの!」

      明るい、心のこもった口調で話す言葉が、新鮮で、

         「話ができなくても、ただ、生きてるだでいい。

                  そこにいるだけでいい。」と

      一人の人間のいのちの重さを、お母さんの言葉で感じた。

      家族で協力して介護している姿を通して、

      寝たきりのお父さんが会話はできないが、誇らしそうに見えた

      家族の絆いいですね。

                            関根京子

     

     

    11月11日の日記

      人生最終章の素晴らしい幕を閉じた看取りのケース!

   

   私はこれまで400人から500人ぐらい看取りの経験をしているが、

  今回のFさんみたいな、映画のワンシーンを見て感動し、いつもでも余韻が残

  るような看取りは初めてだった。

     Fさんは、ガン末期の状態で、最期まで、ポータブルトイレで排尿。、

  一人娘さんの献身的な介護を約40日間取り組んでいた。私達は訪問看護師、

   主治医も娘さんがの体力が心配でならなかったが、最期まで家で大切なおかあ

   さんの、家で最期を迎えたい希望を叶え、達成することができた。

      (父親には施設で最期をみ変えたので家族は後悔していた)

 

   Fさんは9月10日まで、美容室の仕事をしていた。83歳。

   仕事に対する考え方、いつもいつも「ありがとう。」の言葉のシャワーを

   みんなにしていた。

    Fさんが亡くなってすぐ、娘さんが一つの白い袋を持ってきた。

   その袋の表には。「私が亡くなったら、すぐ、開けるように!」と

   Fさんが記入していた。その袋を、Fさんが布団に寝かせてから、みんなで

   開封した。そしたら、6枚の遺言書、お礼の手紙があった。

   その手紙には、担当する良医様、地域の皆様、大切な友人ご夫婦、

   娘さんご夫婦、お孫さんなど、それを見た家族、友人、ケアマネ、私たちは、

   どこまでも。周りの人たちを大切にしてきた気持ち、Fさんの温かい気持ち、

   思いを感じ、みんなで、笑い、感動した時間だった。

 

    Fさんは大好きなかつらをかぶり、お化粧をしないのに、とてもきれいで、

   娘さんがそーとピンクの口紅を差していた。

  

   私も,お亡くなりになるときは、主人に、「かつらをかぶせて」と、約束をした。

   私も沢山の方々に、Fさんに教えていただいたように、お礼の手紙をしたた

   め人生の最終章の幕を閉じたいと思った。

   Fさんの苦労に重ねた人生でしたが、最期の時間は幸せな時間が流れていまし

   たね。人生最期の5年が幸せであれば、人生が満足に終わることを聞いたこと

   があります。Fさんの人生は、周りの人に、凄い影響を与える

 

             幸福の女王でしたね

 

                      有難うございました。

   

     f:id:shirayuri_kango:20211112062415j:plain

                           関根京子