11月5日の日記

      訪問看護サミット2022」の研修に参加した!

 

    今日も午前中に4件、午後緊急訪問1件実施した後、

    オンラインにて、日本訪問看護財団の研修に、参加した。

    14時30分~17時まで参加し、

     一番良かったのは

 

    「訪問看護制度突き抜けよう!~今後の発展に向けて大いに語ろう~」

 

    ➀夜間専門訪問看護ステーションはどうか

    ②一人訪問看護師による訪問看護ステーションはどうか

    ③訪問看護ステーションは町の保健室を兼ねる方向になるだろう

    ④訪問看護総合支援センターを設立して経営、人材育成の相談を受ける

    ⑤訪問看護師の自律を考え、制度にとらわれず、訪問看護師の看護の力で

     「地域住民の健康のいのちの番人」として、みんなの幸せ、

      社会保障を費を有効に活用していこう。

 

    ★ 私はいよいよ訪問看護師の看護の力が試させる時代に益々なると

      実感した。

     そのためには、訪問看護師一人一人の健康、人材育成に自分ができることに

     取りくんでいかなければいけないと思った。

     

    ★在宅医療の課題は益々、深刻化していると最近特に感じる。

     11月8日の夕方、介護者の娘さんから急になくながら電話があった」

     「関根さん、私は介護の限界、お母さんを殺したい!」とすぐ訪問すると

     私の目の前で、お母さんの首を2回締めようとしているところを拝見した。

     認知症のお母さんはショート利用を拒否しているため、私は娘さんの

     ホテルに泊まるようにして指示した。翌日、ようやくお母さんはショート

     利用となった。

 

    ★足の指を2本切断し、自分から無理やり退院してきた利用者様。

     右足はライオンに食べられたような足になっている。毎日の処置をしないと

     肺血症になりかねない。足浴して洗浄し毎日、指が黒くならないように

     処置を実施。

 

    ★昨日,〇病院にて見取りが近い状態となり、家族は早く退院させ、自宅で

     看取りたい希望の相談を受けた。私はすぐ、往診医、福祉タクシー

     福祉用具、ヘルパーに連絡。新しいケアマネも手配。

     本日、研修前に訪問し、往診医を家族と引き合わせて、在宅療養を

     開始した。このケースも本人、家族が少しでも満足した看取り介護ができ

     るように支援していく。

     看取りは、本人の人生の最終段階を感謝の言葉で飾ってもらいたい。

     残させた家族(娘さん、お孫さん達)の新しいスタートラインでもある

     ため、後悔のない介護をして、悲しいけれど、大切な人がいなくなっても

     前を向いて生きていけるように看護の力で支援していきたい。

 

    今日はここまで、このブログを終了したら、また、訪問看護に行ってきます。

                           関根京子

     

    

    

              10月26日の日記

      住み慣れた我が家で、最期まで生きることを応援して!

     (最期のお顔は生きている時よりも、綺麗で穏やかな表情だった3人)

 

    今月は、看取り看護を3名実施した。

    一人目は寝たきりで、会話もできず、経管栄養チューブで栄養剤を滴下、

    在宅酸素、バルーンカテーテルが挿入されている利用者様。

    サービス付有料老人ホームに入居されている。

    施設入居者の場合は施設職員が第2の家族となるため、施設職員の

    利用者様に対する思いをくみ取りながら丁寧に看取り看護をすすめていく

    必要がある。経管栄養で自然な形の看取りをしたらよいか考えながら看護を

    実施していった。1日のカロリーは250.水分は200ml、この状態で

    3か月小康状態が経過した。この利用者様の最期のお顔は生きている時よりも

    綺麗で、メガネがとても似合っていた。

 

    二人目は最期まで、私の会社と私を応援し続けてくださった利用者様。

    1日指で針を刺して,4回、血糖チェック。1日4回、腹部にインシュリン

    注射を自分で打っていた85歳の女性。

    最後は、私に気遣い、辛い状態なのに、「関根さん、血圧が140だから、

    血糖も落ち着いているから大丈夫だから、訪問に来なくても大丈夫だから!」

    とわざわざ私に電話してきた利用者様、1泊2日の入院ですぐお亡くなりに

    なった。

    仕事を中にお亡くなりになった時の、涙が出て仕方なかった。自分の感情が

    普通でなく、何とも言えない気持ちが襲ってきた。夕方、この利用者様の家に

    お亡くなりになった利用者様のお顔を見るため訪問した。お顔を見た時に思っ

    た。

    「あ、微笑んでいる、なんていいお顔!、これはやられた。」と思った。

    「これでいいんだよ!ありがとう!」と言いそうなお顔だった。

    私はこの穏やかな表情をみたら、安心した。

    心の中で「ありがとうございました。見事な人生でしたね。」と。

 

    3人目の利用者様は繊細で優しい、他の人に気遣いができる素敵な男性。

    がん末期の状態だった。優しいから、わがままも言えず、自分で苦しんで

    いた。その利用者様は若い奥様の献身的な介護で、住み慣れた我が家で、

    絶縁だった息子さん、別れた元奥様、小さい時から可愛がっていた娘さんに

    全員遠方にもかかわらず、生前、会うことができてた。

    3回目の若い奥様の損得のない、優しい人柄で大変な状態でも、真心のおも

    てなしをして、疲れ、介護不眠を乗り越え、悔いのない看取り介護を見事に

    乗り越えることができた。

     お亡くなりになった時の利用者様は生前、愛用していた素敵なスーツを

    着て、立派な姿になった。穏やかで精一杯人生を全うした表情だった。

    私は人生の飛行機の着陸がゆっくり、丁寧にできたのではないかと思った。

 

    今月3名の看取り看護を通して、また、沢山のことを学ばせていただいた。

    看取りは訪問看護のやりがいを感じる。

    まだまだ、勉強していく必要があるため、体を休めながら、訪問看護

    スタッフとチームですすめていきたい。

    地域の方々のために、住みよいまちづくりを目指して!

 

                             関根京子

   

    

      

              10月16日の日記

            自分の心と体が1番大切!

    最近訪問看護の仕事をしていると、

     「関根さんい会うと元気が出る!」と、よく声を掛けられる。

    嬉しいなあ、私は会って、お話を丁寧に聞いているだけなのに。

    そのように利用者、家族様、ケアマネ、施設職員から声をかけられると

    私自身を大切にしないと、耳鳴りがしている場合だはないと思った。

     

    みなさんも自分自身を褒め、好きなことをして自分を大切にしてくださいね。

    昨日も、ついに着物を着て、和食の飲食店にランチに主人と行きました。

    そしたら、お店のおかみさんが、以前、踊りの師匠さんだった方。

    おかみさんが、食事後、私に着付けを教えてくださり、半幅帯を沢山私に

    プレゼントしてくださいました。

    着物を着て出かけると、思わむことが起きそうな予感がした1日でした。

 

    それから、渋川で行われている。

    「核兵器なき世界への連帯ー勇気と希望の選択」の展示会に参加。

    緑、豊かな新緑の渋川総合公園体育館で開催されていました。

    広島、長崎へ核を投下した方々の写真をみた。

    何とも言えない気持ちになった、原爆で焼けたガラスの瓶、

    焼けこげた時計、瓦など展示してあった。

    放射線による沢山病気。

    人間が人間を殺す行為、やめてほしい。

 

    私は、今日も日曜日だが、訪問看護の仕事をする。

    生命を軽視する行動、言葉遣いを改め、みんなで、励まして

    「大丈夫、きっとうまくいきますよ。」と、微笑んで、少しでも

    心をあたためていきたい。

    そして、この激動の世の中を、みんなで乗り越え、

    これからの子供たちのために、良い未来を着実につくりあげてきたい。

    いつもこの気持ちで毎日、動いています。

 

    今日は、地元の、コスモス祭りです。

    「古墳の王の儀式」も行われます。

    少しでも参加して、今日も楽しんできます。

 

    人間は心が大切、身も心も軽く、毎日を楽しんでください。

   そして、自分を自分で褒め、自分の心を温め、健康でいてくださいね。

   高田馬場精神科医40年、於保哲外医師が、

       私に教えてくれた「からだをあたためる方法」です。

    今、朝の8時、今日も楽しく、楽しみながら5件、訪問してきます。

   

    

      

     

      

                              関根京子

                 10月6日の日記

            心が軽くなる子育ての知恵!

 

     大学の夏期講習講座で、鈎 治雄名誉教授のポジティブ心理学

     学んだことがある。

       親の機嫌の良さは、子供たちにとっては最高の良薬!

     毎日、落ち込んでいるよりも、上を向いて明るく過ごすことに越した

     ことはありません。

     私は、落ち込んでも3日以上はしないように心がけています。

      

     ➀アメリカの心理学者フレドリクソン

      「拡張=形成理論」の考え方を訴えました。

      わかりやすく言えば、前向きな感情は、私たちの考え方や行動面に

      良い影響をもたらす可能性が高い。ということです。

 

     ②哲学者のアランは、

      豊で潤いのある生活を営んでいくためには、「上機嫌療法」という

      考え方が効果的であると述べています。

 

      子育てでも自分の子供の長所を見出せず、イライラしたりするときが

      あると思います。そのような時こそ、気持ちを切り替えて、機嫌よく

      振舞っうことが大事です。上機嫌にふるまっていると、物事がうまくい

      き、気持ちが良くなってくると思うのです。これを「いのちの洗濯」と、

      言えるとアランが言っています。

      その後は、思わむ展開や結果が待ち受けているものだそうです。

 

     私は、子育ては終わってしましましたが、訪問看護の業務の中で、

     辛く、困った時こそ、明るく、「大丈夫!きっと何とかなる」と。

     笑い飛ばしたいと思います。

 

    コロナ禍の中での子育ては、大変ではないかと思います。

    大切な子供たちのために、おかあさん、お父さんたちは、どうか、

    少しでも、上機嫌で子供たちと接してあげてくださいね。

 

    今日はがんの利用者様のことが朝から心配で、朝一番に訪問。

    利用者様が「関根さんに会うと、なんか、安心したよ。」と一言。

    私は「私の方こそ、○○さんが、朝ご飯を食べている姿を見て安心した」

    と、話した。

    なんかお互いに安心していると、感じた朝の出来事でした。

 

    それから、渋川看護学校で在宅看護論を講義し、自分の言いたいことを、

    学生30名が聞いてくださいました。

    これからの大切な看護学生。

      どうか、自分のことを信じて。

                励ましの看護

              生きる力を引き出す看護

                生涯学びの看護

        上記のことを少しでも目指して、頑張ってもらいたい。

        看護は大変だけど、楽しいです。

  

     子育て中のお母さん、おとうさんに少しはエールを送れましたか!

     子供は親の生き方を、じーと見ています。親の背中を!

     楽しく子育てしてくださいね。

 

                        関根京子

 

                9月27日の日記

     悩みを乗り越えるに大切なことは、自分の一念を変革すること!

  

    ブログの書き込みができず、大変失礼しました。

    私のブログを楽しみにしてくれている友人からメールが来ました。

    「京子ちゃん、忙しいの、ブログ待ってるよ。」と。

    嬉しいメールです。私はこのような方々に支えられ、生きていることの

    感謝いたします。

 

    そこで、今回は、最近は、自分の気持ちがとても大切で、

    悩みは解決していなくても、自分の心が確信をもって、

           必ず、こうなる!

           必ず、こうする!

           必ず、これを乗り越える、乗り越えて見せる!

      自分の気持ちを定めること、一念を大切さを感じます

      自分の生命の奥底の一念がどこに向いているかが大切

      自分中心なのか、他人のことか、

      何のために、訪問看護の仕事をしているのか

      何のために生きているのか。

      他人のせいにしている人もいる。

      でも、結局、すべては自分の責任!

 

      人のせい、環境のせいにしている人は

      心が弱く、強くない。環境に振り回されているからであと思います。

 

      9月は中旬までの約20日間、毎日、訪問した看取りの方がいました。

      「痛い、痛い思いの中であの世に逝かせないで!」と、私に話したの

      です。

      私は癌性疼痛に対して、強い不安感と、痛み、そして、介護する

      家族へのアドバイス、心のケア等、毎日、模索しながら訪問をしました。

      約23年訪問看護していますが、こんな強い痛みの中で、スタートした

      訪問は初めてでした。

      私は、この利用者様に

      「必ず、痛みの中で、苦しんであの世に逝くこと

      ようなことは絶対にしない。痛みがなく、穏やかな気持ちであの世に

      行ってもらえるようにします。」と、話したのです。

      約束したものの、どのように訪問看護したらよいか、いつも考えながら   

      訪問を継続していました。

 

      家族も献身的な介護を継続し、私を信じていくれていました。

      この利用者様の最期のお顔を見て私はびっくりしました。

      生きていた時よりも穏やかなお顔で、別人のようで

             にっこり微笑んでいたのです。

 

      私はこのケースを通して、学んだことが多く、

      できないと思っていることも、できると自分自身の一念を決めることで

      解決できると思った。

 

      このケースの近くに行く途中に私の新車をこすってしまって、

      落ち込みましたが、私の車が私を守ってくれたことに感謝、、傷つけて

      ごめんねと言いながら今も、修理するまで乗っています。

 

     昨日は、八幡駅の近くにお団子屋さんに行き、お団子を購入し、

     90歳近い、かわいいおばあちゃまがお店に立っています。

     バルーンカテーテルを入れて歩行もふらついています。

     私はいつも、このお店のおばあちゃまの髪の毛を整え,綺麗な状態にして

     スカーフをかけるのです。(2回目かなあ)

     髪の毛を整えると、また、いい笑顔になるんです。

     私も、このおばあちゃのように、よぼよぼでも訪問看護の仕事がしたい

     です。

             仕事が生きがいの人生は凄い!

     みなさん

        あまり考えすぎず、笑顔で1日お過ごしくださいね!

        全ては自分の心のもちようです。

 

                          関根京子

      

               9月11日の日記

      「幸せの4つの因子」を高め、幸せを長続きさせる方法!

 

   みなさん

   おはようございます。

   お元気でしたか?、私はいつも業務をしながら、自分の好きなことを毎日

   探しては、主人に連れて行ってもらって楽しんでいます。

   毎日、好きなことを少しでもやれることは楽しいです。

   昨日は、仕事をしながら、隙間時間を利用して。主人と美容院、日帰り温泉

   行ってきました。日帰り温泉はほとんど人も少なく、貸し切り状態なので、

   自分の家のようにリラックスできました。

 

   今日も、朝6時からクリーン作戦、地域もボランティア活動。

   9時に訪問1件

   午前中は田んぼの周り、畑2か所の草刈、

   1時には高崎の街中で、イベントに誘われたので楽しんできたいと考えて

   います。

   自分が好きなことをしていると、

   緊急訪問があっても、あまり苦にならないのです。

 

   不思議です。於保医師が話すように、自分を大切にしていると

   なぜか、自分の心がいつも満足している状態なので疲れないし、自然と

   緊急時の訪問が気持ちよく「はーい、訪問させていただきます!」と

   元気に答えられる自分がいるのです。

 

   みなさんも

   自分が10割、他人のことが0割の考えで、気楽に日々を少して下さい

   仕事も疲れず、書類もスムーズに記録できるようになりますよ。

 

   今回は

   田中医師から教えていただいた。

   幸福学を研究分野の「幸せの4つの因子」について!

 

   1.やってみよう!

    自分で決めた夢や目標を持ち、実現に向けて学んだり、努力してみましょう。

    これは自分の強みにもなりますし、自己実現と成長因子となります。

 

    ★私は3日坊主でも良いと思います、挑戦しないとわからないとこがあり

    ます。まず、考えながら実行する。すぐ、行動する勇気を持ってください。

    失敗してもいいんです。失敗から学ぶことが多いからです。

 

   2.ありがとう!

    人と喜び合い、他者のために親切にすることを大切にする。

 

   ★ 私は嬉しい時は、手を挙げて喜ぶことが多いです。人は大げさにした方が

    嬉しそうです。愛や感謝を伝える、つながりと感謝の因子です。

    いつでも、「ありがとう」と話すとその場が温かくなります。

 

   3,なんとかなる!

    「なんとかなるさ」「こういうときもあるよね」と、出来事を前向きに

    考えるいのちの癖をつくる。これは自己肯定感を持つ、前向きで楽観主義の

    因子です。

   ★ 私はいつも、この精神です。最近新規利用者が10名いました。

    「どうしよう。業務まわるかなあ。でも、誰も新規利用者を断りたくない」と

    考えていましたが、どうにかなりそうです。私が困らないように、目に見え

    ない誰かが、守ってくれているようです。

    みなさん、なんでも、なんとかなるようですよ。だから、そんなに心配しな

    いでくださいね

 

   4,ありのままに!

    日の目を気にし過ぎることなく、「自分は自分」と周りの人と比べないで

    自分らしく生きている。独立と自分らしさの因子です。

 

    ★私はいつも自然体です。大勢の人の前で講演しても、一人の人と話しても

    いつも同じように自分をさらけ出しています。いつも自然体が楽なのです。

    間違えたら、ごめんなさいと話し、自分がいつも自然体でいると、他人も

    そのまま、自然にいろいろなこと話してくれるのです。

     自分の軸をしっかりもち、ふんどうされない自分を持っていないと

    何が正しいか、何が好きなのかわからなくなります。

    みなさんは自分軸となんだと思いますか?

           自分軸とは 自分の信念です。

    これは譲れない、これは何があってもやる、やり遂げることの思いです。

 

     私は最近、スタッフに話しましたが。

       ①共に勝利と人生を切り開く智慧慈悲の看護

       ②生きる力を引きだす励ましの看護

       ③生命の尊厳を探求する生涯学びの看護

 

    この指針どおりに少しでも訪問看護の業務に取り組みたいと

    いつも考えながら行動しています。

 

    最後に、「幸せ4つの因子」をバランスを取りながら

    今日も有意義な楽しい1日を送ってくださいね!

    

   この写真は、向井千秋さんが一緒に宇宙に連れて行ったメダカの子孫。

    宇宙メダカです。

    

                         関根京子

              8月29日の日記

    みなさんは自分を大切にして、自分の好きなことをしていますか?

   この生き方を少しづつしていくように意識し、始めたら心が楽になった。

   

   8月27日、土曜日は、大学の夏期講座に行くことができました。

   26日に○病院から退院し、急に病状が悪い利用者様がいたため、今回の

   夏期講座はあきらめていましたが、スタッフが後押ししてくれたおかげで

   東京の大学へ主人と行くことができました。3年ぶりで、今回が6回目の参加と

   なりました。

    今回は主人の希望で「ICTについての危険と期待」と題した理工学部

   教授の講義です。全国から真剣に学びたいと考えている年配の方が多く、

   スーツケースを持っての参加の方もいました。

    教授からは2045年のAIの技術により、人間の能力よりも超える時代が来る。

   と、話していました。

     私と主人は、参加20回を目指し、大学の学生証を授与されたいという

   目標があります。今回も一人の女性70代の方が、20回参加し学生証を授与

   されていました。

    1日大学生になり、緑豊かな大学構内を散歩すると、気持ちが軽くなり、

    アメリカにいる、大学院生の三男のことが頭に浮かびました。

    三男はフロリダにいますが、私たちが訪れた大学には、姉妹校で

    カルフォルニアに素晴らしい大学があります。世界の人間主義のリーダーを

    育成している大学です。

    私はいつか見学にアメリカまで行きたいと思っています。

 

   昨日は24時間テレビから目が離せなくて、夜のオンラインミーティングをつい、

   忘れてしまい、誤りの電話をしました。

    マラソントライアスロン車いすダンス、人間の底力を見る思いで

    心は感動の連続でした。

 

    人間は、好きなことをしている時が、一番幸せですね。

    利用者様にもベッド上でも好きなことをしてもらいたい。

    訪問看護師として、利用者様が好きなことができるように応援したい。

 

    今日の1番の利用者様は経済的にも裕福な方で、大きな家。広い庭に囲まれ

    ハワイアンの音楽を鑑賞し、ゆっとりとして椅子に腰かけていました。

    いつもはジャズ、オペラのような曲を鑑賞していましたが、

    娘さんから真心からのプレゼントのCD(ハワイアン)を目を閉じて

    お父様は、穏やかな表情で、満足した表情でゆったりとした音楽を鑑賞して

    いた。

    私もゆっくりモードになりました。

 

    いつもの訪問も、私生活も、楽しみながら、感動と感謝の連続に毎日を

    送りたい。

    これから残りの仕事をして、好きな半身浴と、読書をして自分を大切に

    したい。自分を大切にした人は他人にも優しくできるから。

 

    今日の写真は大学の構内です。後ろ姿は私の主人です。

    約2時間運転してくれました。いつもありがとう!

   

                           関根京子